クロスケのブログ

この人の彼女って苦労しそう

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーヴン・キング『トム・ゴードンに恋した少女』

◆キング好きだぜ!

モダン・ホラーの帝王と呼ばれた(らしい)
スティーヴン・キング
やたらと映画化された作品の多いひとなので
日本では、小説よりも映画のほうで
より親しまれてるんではなかろうか

『ショーシャンクの空に』(原題『刑務所のリタ・ヘイワース』)は
いままで見た映画の中でも五本の指に入るほど好きです

映画化されまくるのも納得で
キングの文章は、ほんとに映画向きだと思う
緻密なのにスピーディーな筆致にひきこまれて
まさに映画を見てるような気分になります
語りがほんとにうまいぞ


◆日本では最近文庫化された『トム・ゴードンに恋した少女』は
広大な国立公園の森に迷い込んだ、九歳の少女のサバイバルを描くお話
トム・ゴードンとは、作中で主人公が心酔している野球選手のこと

獣や虫や蛇や毒や菌の蔓延する森の中での生存闘争に挑むのが
たった九歳の少女という、サディスティックなほどに壮絶な設定
新潮文庫の表紙の、野田あいのとても可愛いカバーイラストとは裏腹に
苦悶と絶望感に満ち満ちた内容です

『死のロングウォーク』やら『ゴールデン・ボーイ』に見られるように
極限状態に置かれた人間の、追い詰められていく精神状態を描くのは
スティーヴン・キングの十八番なのだけど
九歳の少女に対しても、その筆致はまるで容赦がない
ひどい。

ひとり孤独に森をさまよう主人公トリシア
周知のように、森というのはおそろしいところで
怪我、飢餓、病気、人の身のあらゆる苦痛が彼女を襲う
作者はそれでも満足できないらしく
キング作品ではお約束の「人知を超えた正体不明の怪物」までが
トリシアをつけねらい、苦痛のラインナップに恐怖を追加する
そこまでせんでも

これほどの絶望的状況にあって
主人公の聡明さと、どこか能天気な明るさが
彼女自身にとっても読者にとっても救いになってて
なんとかついていけた感があります
そうでなければ、ただの嗜虐趣味のホラー小説になってたと思う
読むのがつらすぎる

動物や幼児ものには、ホント弱いぜ
けっこう単純な涙腺してるおれだ

なにしろ作者が作者なので、最後まで結末は読めなかった
章ごとのタイトルとして
「試合開始前」「一回」「七回表」といった、野球のイニングで冠する
遊び心がかえって残酷で、不安にさせられる


◆このブログの方針として、ネタバレは避けますが
やたらと泣けた、と言っておきます
実に泣ける小説でありました

主人公トリシアが、空想の中でトム・ゴードンと語り合うシーンが
作中で頻繁に出てくるのだが
そこまで追い詰められる描写が悲惨すぎて、そのたびに涙がでてくる

そういえば、トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』を見たときも
バレーボールを人に見立てて語らうシーンで
おれは涙したものだった
終盤の「ウィルソーン!」にはほんとに泣いた

シンプルなつくりではあるけど
『トム・ゴードンに恋した少女』は
おれにとって、キングの傑作のひとつに数えられました
これ、映画でぜひ見てみたいとも思ったけど
見るのがすげえつらそうだなあ
途中で席を立つ観客が続出しそうだ
スポンサーサイト

コメント

「神はスポーツがお好きでね。
 必ずしもレッドソックスのファンではないが」

僕もこの前読んだばかりですよー、これ。
あれ、ラストシーンが大好きです。
最後のあの一文を読んだ時のカタルシスがたまんない。

ああたも読みましたか
さすがはキングフリーク

自分も、あのラストに感動しましたな
キングの語りにはめろめろです
キングはホラーもいいけど
ヒューマンドラマの名手でもあるのですねえ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurosukesblog.blog118.fc2.com/tb.php/34-1d41c428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

伊藤黒介

Author:伊藤黒介
かけだしまんがかです

メールアドレス:
kurosuke662000@yahoo.co.jp
(@を半角で入力してください)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。