クロスケのブログ

この人の彼女って苦労しそう

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの初仕事

mixi7.jpg


◆4月11日発売の
『まんがライフオリジナル』にて
自分、漫画家デビューをさせていただきました

伊藤黒介『トモエの風景』、よろしくおねがいします

自分でゆうのもなんですが
ひどい描線です
線のきちゃなさにおいては
雑誌の中でダントツの自信がございます
こんなんで、いいのか
正直、こんなんで掲載が成ったという事実に
おれ自身が一番驚いている

ブログの自己紹介で
かけだし漫画家なんて書いてしまいましたが
これっきり仕事がこなかったら
赤ッ恥のコキッ恥であります

キツいぜ

ともあれ、雑誌にのれたのは
ほんとにうれしい
この喜びは、一生忘れたくないものだなあ
スポンサーサイト

ブログはじめました

◆FC2さんとこからスペースを拝借し
以前からちょこちょこいぢってましたが
今日、正式に発表することにしました

クロスケのブログ、発足
みなさんよろしくおねがいします


◆北京オリンピックの開会は
やたらと波乱含みで始まったみたいだ

今回はいつにも増して
オリンピック自体よりも
それをめぐって浮き彫りになる、国家間の諸問題のほうが
みててずっと面白い

どこの国のどこが悪い、てことを言い出すと
本当にキリがないけど
チベットのひとたちの無事を祈ってます

とりあえず、こういう問題を見過ごしにしてきたアメリカに
世界の大義は語っていただきたくないかんじだな


◆さいきん
隔週刊イブニング連載『餓狼伝』の
藤巻十三がかっこよすぎます

C.S.ルイス『ナルニア国ものがたり』

◆J・R・R・トールキン『指輪物語』と並んで
現代ファンタジーの草分けといわれているらしい
ファンタジー冒険活劇の名作であります

これの翻訳者は
『指輪物語』『ホビットの冒険』といったトールキンの代表作も翻訳なされた
瀬田貞二さんだ
雰囲気薫る構文、今回も堪能させていただきました

なにかと壮大
全七巻を通して描かれるアスランの物語は
あちこちに伏線がはられまくっており
なんだかやけにスケールがでかい

数千年におよぶナルニアの歴史をたどっていくのが
ナルニア国ものがたりの概要
数々の伏線をいっこずつ拾い集めながら読み進み
いよいよ世界の真実に至る最終巻までを一気に読破

この終わり方は、すげえな思った
「ええーっ そんな終わり?」とかちょっと思った

岩波少年文庫、最終巻『さいごの戦い』では
巻末に、英文学者の竹野一雄氏による解説が添えられており
それを読むと、この物語の主題
少なくとも作者の意図がわかる

なんだかちょっと、取り残されたような気がしたおれだ
みんなそっちへ行ってしまうのか
おれはそこへは行けないよ、信仰がないから
なかまはづれ感


◆このお話におけるアスランは
全能で完全無欠な存在
矛盾なき正義の象徴として描かれる
そのあたりは、おれの好みとは違いました
そういうものが存在してるんだったら、苦労はないよな
みんなが納得する絶対的な正義というものが存在しないから
みんなそれを求めて、奔走したり戦ったり思考したりする
それが人間の歴史だと思うのだけど
最初から、矛盾なき答えが確立していて
このひとのいうこときいてればオッケーですよっていう状況は
簡単で、いいな

それでもやはりナルニアは理想郷だ
疑念を差し挟む余地のない正義を土台に据えた現代の神話は
読んでいて安心感があって、痛快

登場人物たちの、より高いところへ向かおうとする精神性が
あぶなっかしくも美しい
児童書として
信仰心の強さ、美しさが
詩的、絵的な構成で素朴かつ真摯に表現されている印象

宗教、信仰の利点と弊害は
うんざりするくらい難しい問題なのだけど
ファンタジーの中では、道程の正義は保障されているので
存分に追求し、高揚感に酔える

ファンタジーの美点を凝縮したような傑作
物語を通して、信仰の高揚感を疑似体験できた
宗教にはいろいろ思うところはあるけど
憧れも大きいおれ
存分に、ご相伴にあずからせてもらいました

しかし、毎回文庫の冒頭で
全力でネタバレの解説が載ってるのはなんとかならんか

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

伊藤黒介

Author:伊藤黒介
かけだしまんがかです

メールアドレス:
kurosuke662000@yahoo.co.jp
(@を半角で入力してください)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。